マジメ不動産|神戸市灘区の不動産会社社長のブログ

神戸で働く有限会社六本木地所の真面目な社長ブログ「マジブロ」です

【オーナーチェンジ】物件購入のメリット・デメリット

賃貸中の不動産物件(マンション・アパート・商業ビル)などの売買を「オーナーチェンジ」といいます。

今回は投資物件としてオーナーチェンジ物件を購入する際のメリット・デメリットについてお伝えします。

f:id:majime-fudousan:20190715224950j:plain

オーナーチェンジとは

賃貸中の入居者との契約を継続したまま、所有者(オーナー)が替わることをオーナーチェンジといいます。

事前の入居者の了解を得る必要はなく、オーナーチェンジ後に新しい家賃振込先や連絡先などを通知するのが一般的です。

オーナーチェンジ物件のメリット

オーナーチェンジ物件には下記のようなメリットがあり、不動産投資初心者にも魅力的です。

  • 最初から家賃収入がある
  • 実績から収益計画を立てやすく、金融機関からの融資を受けやすい
  • 空室物件では必要な入居者募集リフォームが不要

オーナーチェンジ物件のデメリット

オーナーチェンジ物件には注意すべき点もいくつかあります。

  • サクラの入居者に注意
  • 内覧ができない
  • 空室になるリスクはある

注意すべき点については、個別に見てみましょう。

サクラの入居者に注意

サクラの入居者を使って収益性の高い物件に見せかける悪徳業者もいます。サクラは売買契約が終われば間もなく退去します。

事前に入居者の入居期間をチェックし、比較的新しい入居者については疑ってみる必要があります。

内覧ができない

入居中の室内は基本、内覧はできません。

空室になるまで室内の状態を確認できないことは最大のデメリットです。

空室になるリスクはある

オーナーチェンジ物件でも常に空室になるリスクがあります。

そうなった場合を想定して、次の入居者募集に備えることが大切です。

 

*****

 

オーナーチェンジ物件を探す場合にはメリット・デメリットを知ったうえで、信頼できる不動産屋さんへ相談してください。

 

★★★★★

 

兵庫県神戸エリアを中心に不動産の売買及び買取の仕事をしています。

不動産(マンション・一戸建て・土地・収益物件)に関してお困りごとがございましたらお気軽に塚本までお声掛けください!

秘密厳守をお約束いたします。

もちろん相談や査定は無料です。お気軽にご連絡ください♪

電話 078-851-9084(営業時間:9~18時/日祝休み)

お問い合わせフォーム▼

blog.majime-fudousan.com