マジメ不動産|神戸市灘区の不動産会社社長のブログ

神戸で働く有限会社六本木地所の真面目な社長ブログ「マジブロ」です

マンション売却前のリフォームは必要ですか?

マンション売却は「高く」「早く」が理想ですよね。そのためには室内をきれいにリフォームした方がいいのか悩まれる方が多くいらっしゃいます。

今回はマンションの売却前にリフォームが必要かどうかについてお伝えします。

マンション売却前のリフォームは必要ですか?

マンション売却前のリフォームは最低限でOK!

リフォームされた綺麗な室内は買主への印象は良くなります。かといって、売主のセンスで綺麗にリフォームしたところでそれが買主の要望に沿ったものになるとは限りません。

そして大切なことはマンションの売却価格です。相場価格より高ければ、いくら内装が綺麗でも最初の価格のフィルターで引っ掛かります。

売却前のリフォーム費用はマンションの売却価格に含む必要があります。それによって高くなってしまったマンション価格が原因で選択肢から外れてしまって売れず、さらなる値下げのリスクも抱えることになります。

であれば、マンション売却前のリフォームはマイナス印象を与えない程度の最低限で抑えて、売却価格も抑えた設定で売り出すことが賢明です。

リフォーム前提の買主も

中古マンションを探している方で自分好みのリフォームを前提とされている場合も多くなっています。

間取りや内装を好みの仕様にリノベーションするにはそれなりのコストがかかるので、マンション購入にかかる費用は押さえたいと考えます。

このようなリフォーム前提の買主のニーズを満たすためにも、売却前のリフォームは最低限に抑えて少しでもマンション売却価格を安くできることが早く購入される可能性を大きくします。

まとめ

  • マンションの売却価格を上げない
  • 買主の好みの間取りや内装を尊重する

これらに注意しながらマンション売却前のリフォームは最低限度にして、売却価格を抑えることがスムーズな売却につながります。

 

★★★★★

 

兵庫県神戸エリアを中心に不動産の売買及び買取の仕事をしています。

不動産(マンション・一戸建て・土地・収益物件)に関してお困りごとがございましたらお気軽に塚本までお声掛けください!

秘密厳守をお約束いたします。

もちろん相談や査定は無料です。お気軽にご連絡ください♪

電話 078-851-9084(営業時間:9~18時/日祝休み)

お問い合わせフォーム▼

blog.majime-fudousan.com